TOP > みもたんBLOG

みもたんBLOG

テレビの設置?それくらい出来るだろう、というあなたへ。

皆様、こんにちは。

引っ越した先で、家電などの取付はどのようになさっていますか?

 

買い直しますか?

 

それとも、自分でつけてしまいますか?

 

でも説明書を読んでも、なかなか理解出来ないし、

本当にそれであっているかどうかわからないですよね。

 

今回は家電の中でも設置しやすいテレビのことをご説明します。

もっとも、テレビは色んな機能を使ったり、機器をつけようとするととても難しいですが、

 

我が社のテレビくん

 

まずはB-CASカードです。

最近は機種によってはない物もありますが、いまだ数多くのテレビで使われています。

まずこれを差込みます。

テレビの機種によって場所が違いますので、よく確認してください。

 

次はアンテナ線を差します。

この白い線達です。

これは今、地上デジタルの端子とBS・CS端子につながっています。

当然ながら両方見たければ両方に差し込まなくてはなりません。

互いの線が違うところからやってくることもありますが、

こんな部品で一本の線を二本に分けることもあります。

BSセパレーターなどと言いますね。

テレビを購入される際、

これらの部品は忘れられがちです。

家電の配送でお伺いすると、

これらの部品を知らなかったり、間違えて購入されている方が多いです。

ぜひとも、ご自身の設置したい環境をじっくり吟味してからのご購入をおすすめいたします。

 

では、配線が用意出来たので、電源が差さっていることを確認して、

 

設定です。

 

とは言っても、

 

本体設定からかんたん初期設定に入ってあとは指示に従うだけです。

こんな感じですね。

あとは指示に従えば自動的にチャンネルを探し出してくれます。

メーカーによって名称は違いますが、同じような項目が存在しますので、探してみてください。

その時、ご自宅の郵便番号を入力しなくてはならなくなるので、確認が必須です。

 

どうでしたか?ご自分でも出来そうでしたか?

あくまでもこれは一番単純な設定設置についてです。

めんどくせぇ、という方は是非ともお引越や家電購入を我が社にご相談ください。

親切丁寧をモットーに対応させていただきます。

 

それではまた次回お会いしましょう。